ポアモア Pour Moi レディース ボディースーツ インナー・下着 Suspense lace and fishnet deD29IHE

知ってた?ナルホド! BLOG

2019.10.28

マイケル コース MICHAEL Michael Kors レディース バッグ ショルダーバッグ Bedford Legacyjq435ARL

WRITTEN BY

 | 

HIRAHARA NATSUMI

こんにちは!コーダーの平原です。

Webサイトのコンテンツやパーツを作るのに、HTMLタグの選定や、CSSの当て方は人それぞれだったりします。
ですが、中には検索エンジンの読まれ方を意識していないものや、メンテナンス性の悪いもの、HTMLを読み物として読んだ時に、コンテンツ同士の関係性がまずかったりするものもあります。

弊社の開発チームでは、そのようなことにならないよう、理想的なコーディングの方法というものを日々追求し、それをチーム内で標準化しています。

「これ、どうやってコーディングする?」シリーズでは、Webサイトでよく見るコンテンツやパーツの、弊社の開発チームが思う理想的なコーディングの仕方をご紹介していきたいと思います!
それでは第一弾いってみましょう!

  1. 見出し下の英字
  2. HTMLの選択肢
  3. 弊社開発チームの答え
  4. まとめ

マイケル コース MICHAEL Michael Kors レディース バッグ ショルダーバッグ Bedford Legacyjq435ARL

日本のWebサイトによく見られる、上記画像のような「見出し下の英字」。
これをコーディングするとなったら、様々な方法がありますよね。

マイケル コース MICHAEL Michael Kors レディース バッグ ショルダーバッグ Bedford Legacyjq435ARL

考えられるのは、以下のような選択肢だと思います。
この3つの中で、どれが良いコーディングの方法だと思いますか?

  1. マイケル コース MICHAEL Michael Kors レディース バッグ ショルダーバッグ Bedford Legacyjq435ARL

  2. マイケル コース MICHAEL Michael Kors レディース バッグ ショルダーバッグ Bedford Legacyjq435ARL

  3. マウジー バッグ moussy BAG STRAP 2wayショルダーバッグ レッド 合成合皮 m01654103 regvbfy76Y

    マイケル コース MICHAEL Michael Kors レディース バッグ ショルダーバッグ Bedford Legacyjq435ARL

    SERVICE

マイケル コース MICHAEL Michael Kors レディース バッグ ショルダーバッグ Bedford Legacyjq435ARL

答えは…2番の

マイケル コース MICHAEL Michael Kors レディース バッグ ショルダーバッグ Bedford Legacyjq435ARL

です!

SERVICEと、サービスは同じ意味を持っていますよね。
意味が重複するものは、HTMLの要素として置いてしまうのではなく、カスタムdata属性で、見出しの装飾として扱ってしまいましょう。

ちなみにCSSは下記のような形で記述します。
擬似要素のcontentにattr属性を指定することで、data-titleを取得することができます。
便利ですよね。

h2{
  position: relative;
  padding-bottom: 1em;
  text-align: center;
  font-size: 2rem;
  line-height: 1;
}

h2:before{
  content: attr(data-title);
  position: absolute;
  left: 0;
  right: 0;
  bottom: 0;
  font-size: 1rem;
}

ロシャス シャツ ジャケット レディース Rochas Striped Shirt White red6vYf7bgy

Webサイトは、公開して完了ではなく、その後の計測やメンテナンスが必要です。
その為にも、コンテンツやパーツのコーディングの方法は、ルールを決めて標準化することで、メンテナンス性がぐっと高くなり、仕事の効率化にも繋がります。
暖か和装下ばき ガーゼ合わせ仕立てパッチ 寒さ対策万全に 和装下着 セール対象外6yfgb7 とりあえずspan!とりあえずdiv!というコーディングから、少しでも要素に意味や関係性を持たせてあげて、検索エンジンに正しく読んでもらえるHTMLを作っていきたいものですね。

PAGE TOP